特殊外来

当クリニックでは、皆様の健康維持に貢献するべく、以下の特殊外来を行っております。

肥満外来(メディカル ダイエット)

肥満・メディカルダイエット外来は、医療機関における医学的効果の証明されたダイエットの指導や治療を行う外来になります。
生活習慣病の予防・治療は、食事療法と運動療法が基本ですが、疾患としての肥満(BMI(ボディ・マス・インデックス)*35以上の高度肥満症、もしくは糖尿病を伴う肥満 、 症候性 肥満 (何らかの原因疾患があって太っている場合)など)には健康保険が適応され、薬剤による適切な治療 を受けることができます。 また、BMIボディ・マス・インデックス)が30以上の2度以上の肥満、BMIが25以上30未満(1度肥満)で肥満に起因・関連する11の健康障害(糖尿病、脂質異常症、高血圧、高尿酸血症・痛風、冠動脈疾患、脳梗塞、脂肪肝、月経異常、睡眠時無呼吸症候群・肥満低換気症候群、整形外科疾患、肥満関連腎臓病)を認める方、および内臓脂肪型肥満の明らかな方(メタボリック症候群)は、生活習慣病の予防ないし肥満に伴う合併症の進展を阻止するためにメディカルダイエットをお勧めいたします。 当クリニックでは、まず糖尿病などの合併症や症候性肥満の有無などについて、問診やスクリーニング検査を行い、その結果もふまえて適切な食事療法と運動療法のもと、状況に応じて薬物療法を検討します。
※ 当クリニックでは、単なる美容目的のための減量指導や処方はしておりません。
上記に該当し、ダイエットが続かない方、どのダイエットも効果が無い方、自己流ダイエットで成果が出ない方は是非ご相談ください。
肥満・メディカルダイエット外来を初診の際は、電話か直接受付でご予約をお取りください。

*BMI(ボディ・マス・インデックス):現在、肥満の判定は、身長と体重から計算されるBMIという数値によって行われています。BMIは、次の計算式で算出します。
BMI = 体重kg/(身長m×身長m → 体重kg ÷ 身長m ÷ 身長m
BMI 18.5以上25未満:「普通体重」
BMI 25以上30未満:「1度肥満」
BMI 30以上35未満:「2度肥満」
BMI 35以上40未満:「3度肥満」
BMI 40以上:「4度肥満」

禁煙外来

禁煙を支援するための外来です。

喫煙は、慢性閉塞性肺疾患、肺がんなどの呼吸器疾患のみならず、動脈硬化を基盤とするさまざまな病気の危険因子であり、日本人の死亡に寄与する最大の危険因子です。
禁煙することにより、喫煙関連健康被害を予防し健康的に暮らすことができます。
喫煙は、ニコチン依存症(あるいはニコチン中毒)という一種の薬物依存症であり、すなわち疾患です。疾患としてのニコチン依存症には、以下の条件*を満たせば健康保険が適応され、適切な治療を受けることができます。ニコチン依存症は、禁煙補助薬を使うことにより、たばこがおいしくなくなり、禁煙成功率も向上し、無理なく禁煙することが可能です。
また、過去に禁煙治療を行っていて再喫煙をしてしまった人でも、1年以上経過していれば再挑戦できます。

*ニコチン依存症の判定テスト(TDS)が5点以上、35歳以上の者については、ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上、 ただちに禁煙を始めたいと思っている、禁煙治療を受けることを文書で同意している

 

もの忘れ外来

軽度認知障害(MCI)早期の認知症を判断し、適切な対策を行うための外来です。(進行した認知症の方は、認知症専門外来をご案内させて頂いております)

「もの忘れ」は「認知症」の始まりの可能性があります。認知症が進行してしまうと、現代の医学でもなかなか回復が難しいのが現状です。出来るだけ軽度認知障害や認知症の初期の段階で対策を始めることが重要です。
認知症は、アミロイドβという蛋白が炎症や栄養不足などに長年さらされることにより脳に蓄積して障害を与えたり、高血圧、糖尿病、心疾患、脂質異常症、喫煙などによる動脈硬化によって引き起こされる脳梗塞(隠れ梗塞を含む)や脳出血などによって起こる病気なので、原因や誘因を取り除くことが予防や進行を遅らせることに繋がります。認知症の種類や程度に応じて、脳内のアセチルコリンの濃度を増やす薬を用いることにより認知症の進行を遅らせたり、脳内のグルタミン酸濃度を調整する薬を用いて認知機能の改善を行うことが健康保険で可能です。
当クリニックでは、特に軽度認知障害(MCI)や初期の認知症に対して、問診によるスクリーニングや、アミノインデックス®を用いたリスクスクリーニング、提携医療機関にてMRI(VSRAD)や脳血流SPECT検査による脳の特殊画像診断を行うことにより、認知症の程度や病態を的確に判断し、適切な治療に結び付けることを可能としています。